ポンメガネ大宮 公式Blog

さいたま市大宮区にあるメガネのセレクトショップ ポンメガネ大宮のオフィシャルBlog。
入荷情報や展示会情報、日々の出来事など、営業日は毎日更新しています。THOM BROWNE•MOSCOT•Oliver Goldsmith•Lesca•Vintageなどをお取り扱い。

大宮Blog >> Preciosa / プレシオーサ 記事一覧

Preciosa / プレシオーサ 記事一覧

20171112-moscot-zev-2

  • brand:Preciosa
  • model:mod.940
  • color:col.01

先日ご紹介したPreciosa mod.862と対極に位置するサイズ感。
近年の細身で掛けた時の調和を重視するスタイルとは全く異な
り掛ける方のファッションセンスが現れる一本。清々しいほどハッキリとした主張に魅力を感じます。
CLEARはBLACKやDARK WALNUTに比べ特異な印象ですがアイコニックになっていないカラーですので
バックグランドに囚われず掛けていただきたいです。

 alt=

ドロップしたレンズシェイプは濃いカラーレンズが映え、サングラスとしてお使いいただくのもおすすめです。

SEKI

ポンメガネ大宮

171107-lesca-vintage_cp

  • brand: Preciosa
  • model: 862
  • color: 21 Matt Black/Blue Grey Sasa
  • color: 23 Antique Gold/Brown Horn

大きく分けるとメタル、インナーセル、モダンの3つのパーツから構成されています。
それぞれ同色系で統一されながらパーツの質感の違いがハッキリと現れておりコンパクトながら
掛けている存在感がしっかり味わえます。
色味の統一感があることでシックに掛けられる一本。
レンズサイズが小さいのでレンズの厚みを抑えられ実用性も備えています。

SEKI

ポンメガネ大宮

20171029.preciosa-mod-263-1-min

  • brand: Preciosa
  • model: mod.263
  • color: Matte Black

置いてあるときにも顔につけた際にも見た目としては
小ぶりなサイズ感で知的な印象の高まるメタルフレーム。

ただ単に小さなフレームというわけではなく、
お顔に乗せた際にはレンズ部分がしっかりと瞳の位置にくる
配置やフロントサイドのテンプル部への連結部分なども
長めの設定となり窮屈な掛け心地にならないよう
デザインされた実はバランスの良いフレームになっています。

大きさの点ではベーシックとは言えないモノでも
一度試して頂くとメガネに掛けられているという
イメージがなく、むしろ顔の一部として
しっくり収まるという感じで掛けられる1本です。
シンプルで知性的な印象を演出できる
拘りの効いた小ぶりなメタルフレーム。
是非お試しになってみて下さい。

20171029.preciosa-mod-263-3-min

ポンメガネ大宮

mod.263 col.30 Gold 2
mod.263 col.30 Gold 2

独特のシェイプバランス

  • brand:Preciosa
  • model:mod.863 col.30 Gold/Brown Demi
  • Shape:ウエリントン

レンズシェイプはウエリントンながら極めてコンパクトなサイズ感。
小ぶりのメタルはラウンドシェイプが多いので
ウエリントンシェイプは小さいながら存在感を感じます。
一山のようなブリッジの組み合わせも同フレームの
独特性を高めています。

SEKI

ポンメガネ大宮

insta-preciosa

  • brand: Preciosa
  • issue: Ex-Laege & Small

極大と小。
復刻と新作。
アセテートとフルメタル。
レンズ径にして倍違います。
歴史あるフレームメーカーによるブランドの
アーカイヴと現在が垣間見れる仕入れになりました。
オランダというアイウェアの世界ではメジャーではない国からの製品ですが
ものを見る限り、とても真面目なモノづくりを行っています。
この機会にぜひ両方お試しください。

T.Kanda

ポンメガネ大宮

170928-preciosa

  • brand: Preciosa
  • issue: New Model & Restock

日本未入荷の新作を含む待望のPreciosaのフレームがオランダから届きました。
新作からセレクトしたオールメタルのすごく良い小さめなレンズシェイプのフレームをはじめ
ビックシェイプの到達点、GOLIATH復刻のmod.940など、
セレクトの醍醐味ともいえるアイテムたちが入荷しました。
詳細は明日。

T.Kanda

ポンメガネ大宮

170227-preciosa-goliath

  • brand: Preciosa
  • model: mod.940
  • color: Black / Matte Black / Dark Walnut

迫力のあるビックサイズなのが mod.940 です。
同じ Preciosa ブランドの別のモデルと比べても
異質なコレクションに見えるのではないでしょうか。

普段使いのメガネを普通に探している人や
その付き添いでご来店頂いた、もともとメガネを掛けていない
お連れ様などがそれを見ると、、、
デカ過ぎるよっっていう感じで必ず笑われます。
それは、おおよそ普通の反応で
その感覚は決して間違っていません。
しかし、不思議なことにmod.940のこの突き抜けた大きさは、
自身のファッションテイストに合う方が付けると
こんなの他にはないという感じで
ある意味オシャレに見えてしまいます。
もちろん万人がそうなるわけではありませんが、
意外にも掛けこなしてしまう方はわりといらっしゃいます。

そしてまた別のところからも意外な人気を誇る理由があります。
HIPHOPアーティストとして、
初めてロックの殿堂入りを果たしているレジェンド、
RUN.D.M.C. がよく着用していたアイウェアがまさにこれです。
当時はULTRAというブランド名のもとGOLIATHという
モデル名で販売されていたものとなりますが、
生産はその当時からもPreciosa が行っています。
残念なことに、現在は商標権の関係で
当時の名前では販売できない事情もあって
現行品では、モデル.940(mod.940)となっています。

また、これは人気とは関係ないところですが、
ゾンビ映画の巨匠 ジョージ・A・ロメロ が今も現在進行形で
このモデルを愛用しているようです。
昨年末のニュースでチラッと目にした瞬間、コノメガネはッ!
という突き抜けた大きさの眼鏡がとってもキャッチーでした。

気になった方は是非お試しになってみて下さい。
残りももうわずかとなっております。

それでは今日は、この辺で。

K.KANDA

ポンメガネ大宮

161101-preciosa-765

  • brand: preciosa
  • model:765

小ぶりで独特なサイズ感とこの大きさではなかなか見ない
四角いデザインのレンズシェイプとなる『 mod.765 』。
形としての人気もある中で、本日ピックアップした
カラー品番:85 と 86 は、
フレームの色でも楽しめる要素を持っています。
正面からは落ち着いたダークなカラーの2型。
しかし、裏側のカラーはそれぞれ異なったカラーで
柄がハッキリとしたべっ甲調の生地となります。
基本としては落ち着いた雰囲気が漂いながら
微妙に遊び心を覗かせるカラーリングです。
スーツやハットなどでも、普段は見えない裏地の部分で
おしゃれな生地を使って、ふとした時に見えるおしゃれ
という感覚に似た要素ではないでしょうか。
でもメガネの場合は裏も少なからず見えてしまうので
チラ見せなオシャレとなりますね。

preciosa-mod.765 col.85 Brown/Havana

161101-preciosa-765-85-1
161101-preciosa-765-85-2

preciosa-mod.765 col.86 Green/Dark-Havana

161101-preciosa-765-86-1
161101-preciosa-765-86-2

それでは今日は、この辺で。

K.KANDA

ポンメガネ大宮

プレシオーサの定番メガネ。mod.766_01

  • brand: Preciosa
  • model: 766
  • country: Holland
  • material: acetate
  • price: 30,000yen (+tax)

取扱を開始したのが昨年の11月下旬。
小ぶりなレンズシェイプと伸びやかなディテールが織りなす独特のバランスが魅力のPreciosa/プレシオーサ。
まだ一年たちませんが、コンビネーションスタイルがセレクトに加わるなど
デザインの魅力はそのままに、層を厚く展開しています。

mod.766は、滑らかなブロウラインが魅力です。
その滑らかさをスッキリと感じさせる、前面が平らなブリッジや
智(読み:チ, フロント両端の蝶番が配置される部分)のピンっと伸びた緊張感など
可愛らしいレンズシェイプの印象と対をなす、キレを伴ったディテールが人気の秘訣です。

プレシオーサの定番メガネ。mod.766_02

ものすごく細かなことですが、やや内側によったカシメ鋲のバランスが秀逸。


性別を問わず、まずはお試しいただきたい定番のフレームです。

T.Kanda

ポンメガネ大宮

160924-precipsa-wel-01

  • brand: Preciosa
  • model: mod.863
  • style: Combination
  • Season: 2016

2015年昨年の秋にフランスの展示会で2016年の新作としていま作成中だよっと試作品を見せてもらってから早1年。
早く注文したいなっと思っていたプレシオーサの新作が先日入荷してきました。
既に数点はご販売させて頂いちゃいましたがまだまだ選べます。
今回の新作はメタルベースの小径フレームです。やっぱりとってもいい感じの大人仕様の眼鏡です!

160924-precipsa-wel-02

特に今日ピックアップした「 mod.863 」はレンズシェイプがウェリントン形状で
この大きさのフレームにはなかなか無い形のものとなっています。
個人的にもお気に入りのモデルです。
また、ワッパというプラスチック枠がメタルフレームの内側からハリめぐらせているのですが、
ここの部分はその他ブランドで、よりベーシックなサイズ感のフレームと相対的に見ても厚みはほぼ変わりません。
しかし、この小ぶりなレンズシェイプに同様のワッパが組み合わさると、印象としては他のそれとは違って
程よく肉厚な雰囲気が出て、なんだかぽってりとした感じが可愛くもあり、かっこよくもあります。
そして、落ち着いた雰囲気での色の組み合わせもGOODです。

160924-precipsa-wel-03

レンズシェイプはとても小ぶりなので、全体のバランスを整えるために鼻幅もやや広く、
そしてサイドの張り出しも少し長くなっています。そうなっていることで頭が小さい人専用というわけではなく
幅広く一般的なお顔の大きさの人でも普通にかけられる全体のサイズ感となっています。
また欧米人の方はお鼻が高く大きいのでブリッジの山なりは深く 欧米人仕様となっています。
そのせり立ったブリッジラインもかっこいいところの一つですね。
しかし、上記の仕様そのままだと「このフレーム カッコイイな」と思っても
われわれ日本人では鼻が低いので多くの人が掛けられません。
でもこのモデルでは金属の鼻当てがデザインと共に組み込まれ
それでいて全体のデザイン性も損なわれていないので
日本人でも装用感も良く掛けられるものとなっています。
少し特徴のある眼鏡で自分自身を演出するきっと良いアイテムになると思いますので
気になった方はぜひお試しになってみて下さい。

それでは今日は、この辺で。

K.Kanda

ポンメガネ大宮

160911-preciosa-newmodel-01

  • brand: Preciosa
  • model: mod.860~863
  • style: Combination
  • issue: 2016 New Model

昨日に続き、プレシオーサのご案内。
待ちに待った2016年の新作フレームが届きました。

丁度1年前、パリのSilmo2015(メガネの国際展示会)で
K.Kandaが仕入れの際に見せられた試作品のコンビネーションに端を発します。
「来年こんなの作る予定なんだ。」
とみせられたのが本日ご案内のコンビネーションフレーム。
小さめなレンズと、小さすぎないフレームのバランスが気に入ったため
「これは絶対に仕入れたいから完成したら連絡して。」とオファー。
先月、連絡があり今に至る。という流れです。

本日このブログを書いているのはT.Kandaですが、Kに任せるべきだったかも……
いつか、モデルをピックアップして紹介してもらいます。

160911-preciosa-newmodel-02

ベーシックな4型のレンズシェイプを用いたコンビネーション。
とにかくサイズ感が秀逸なので、様々な顔立ちのお客様に似合うと思います。

160911-preciosa-newmodel-preciosa_860_21_1

真円に近いラウンドの「860」。他のモデルと比べタイトなフロントです。


160911-preciosa-newmodel-preciosa_861_30_1

オーバルシェイプの「861」。縦幅を抑えて切れ味のあるフレームです。


160911-preciosa-newmodel-preciosa_862_23_1

ボストンシェイプの「862」。やや眉尻が持ち上がるような印象なので、ハリのある表情が生まれやすいシェイプ。


160911-preciosa-newmodel-preciosa_863_40_1

ウエリントンシェイプの「863」。小さなレンズシェイプのウエリントンはなかなかありません。こんな雰囲気のをずっと探していました。


クラシックな流れの”ちょっと先”にあるようなデザインだと思います。
どれもいいフレームです。

T.Kanda

ポンメガネ大宮

160910-preciosa-01

Preciosaの最新作やmod.940が入荷しました

  • brand: Preciosa
  • model: mod.940
  • color: Black / Matte Black / Dark Walnut
  • issue: RUN-D.M.C.愛用のULTRA GOLIATH復刻モデル&最新作

本日、突然届いたオランダからの荷。
パリで開催されるSilmo2016のイビテーションとともに
完売が続いていたゴライアスの復刻モデルが入っていました。
極端なラージサイズなので、一般向けではありませんが、このやりきった感のあるプロダクトは
背景とともに魅力溢れるアイテムです。

なお、お日にちを頂戴いたしますがクリアパッド加工がオススメです。

160910-preciosa-02

一緒に届いた最新作は、小さなレンズとハリのあるフレームの構成が魅力のコンビネーションタイプ。
ものすごく良いので、詳細はそちらにて。
明日のブログもPreciosaをご紹介予定です。

メガネライター藤井たかのさんのオフィシャルサイトにて
浦和店の松沢がインタビューされた記事が公開されました。
そのなかでPreciosaのゴライアス復刻モデルにも少しだけ触れております。
ぜひご覧ください。


リンク:メガネコラム : 014 [シルモ行こうぜ!②]ブランドの世界基準を知るために……ポンメガネ松沢文平


T.Kanda

ポンメガネ大宮

IMG_2656

  • brand: Preciosa プレシオーサ
  • model: mod.758

現在日本でも知名度の上がってきた王冠をモチーフとしたフレームデザインで
フレーム上部がカクカクカクとしたクラウン形状のアイテムです。
ここ最近で良く知られたカタチはボストン型を基とした下半分が丸い形の
クラウンパントというカタチは既にポンメガネユーザーの方でも持っている方が
いらっしゃるかと思います。
今回ご紹介のプレシオーサの mod.758 では、どちらかと言うと下半分も角の残った形状で
ボストン型のような強い丸みのない独特の形状となっています。
ウェリントン形状にも近い形で掛けやすいシェイプになっていることと共に他ではまだあまりない
形状のクラウン型のメガネフレームとなっています。
また、Preciosaはフランスの展示会で見つけてきたオランダのブランドで現在は日本国内の展示会には
出店していないブランドなのでPreciosaを置いているお店も国内ではごく少なく
ほぼ人とかぶることもなく、このモデルのこの色と限定してしまえば、
そのフレームを掛けている人はもしかしたら国内では自分ただ一人という独占感もまた魅力ではないでしょうか?
是非お試しになってみてください。

IMG_2658

IMG_2660

それでは今日は、この辺で。

K.KANDA

ポンメガネ大宮

160429_preciosa-755

brand: Preciosa
model: 755
オランダ製のメガネ

ウエリントンともボストンともつかないフレーム。
その最大の魅力はフロント両サイドとブリッジのバランスにありそうです。
ヨーロッパフレームの代名詞となっている高いブロウラインですが、
プレシオーサはしっかりとブリッジ部分を下げて設計しています。
mos.755は特に、フロント両サイドの智の部分に対して、低い位置にブリッジを設定しています。
モスコットの定番フレーム LEMTOSH/レムトッシュ とも共通するところですが
そのわずかな上下の差異が、抜群の馴染みやすさを生んでいます。
やや無骨なレムトッシュを、女性でもかけやすく細身にしたような雰囲気のメガネ
定番として店に置き続けたいフレームです。

なお、レムトッシュのフロントシェイプはPC表示の右ナビゲーションでご覧いただけます。

T.Kanda

ポンメガネ大宮

160209-GOLIATH_01

Preciosa
mod.940 (ULTRA GOLIATH 復刻)

「 RUN-D.M.C 」のダリル・マクダニエルズが愛用していた『URTRA / GOLIATH 』。
ロックの殿堂にも名を連ねるHIPHOPのカリスマが掛けていたインパクトのあるメガネは
年月を越えてもそれを追い求める人々が絶えません。
URTRAを作っていたのはもともとオランダのメガネメーカーで、
今回ポンメガネに入荷している Preciosa を作っている 『 Frame Hollnd  』というメーカーです。
しかし現在では、『URTRA / GOLIATH 』という商標をアメリカのどなたかが所有している為、
もともと製造していた『 Frame Hollnd 』自身もその名を使って製品が作れないとのことで、
同メーカーの 別ブランド『Preciosa 』からmod.970 として復刻されているそうです。

RUN-D.M.C.の黒ブチサングラス
160209-GOLIATH_02

べっ甲柄はヴィンテージでもあまり見なかったカラーです。
カラーレンズをカスタムしてサングラスとしてもカッコイイです。
160209-GOLIATH_03

今は『 Preciosa / mod.970 』としてオリジナルブランドから復刻さています。
160209-GOLIATH_05

K.KANDA

ポンメガネ大宮

Preciosa 766
Preciosa 766

Preciosa
mod.766
col.Chestnut

45mm という小ぶりなレンズサイズ
細身で繊細な印象の男女問わないスタイル

丸みを感じさせるレンズシェイプであり
ラウンド型やボストン型とも言えない
緩やかに功を描く直線的なブローラインが
独特で特徴的なデザイン

フランスの展示会で仕入れてきた
オランダのメガネブランド 『 Preciosa / プレシオーサ 』。

サイズ感もカタチにしてもとても日本人向けで
個人的にも気に入っているオススメなメガネです。

それでは今日は、この辺で。

K.KANDA

ポンメガネ大宮

preciosa

Preciosa
mod.758
col.Butter-Cedar

野暮ったくならない感じ
小振りだから女性にもあわせやすい
帽子との相性もよし
色も主張しすぎず
コーディネートしやすい
個性的ではあるけれども
メガネだけに目がいかない
だけれど、良い眼鏡だとわかる。
本当にバランスのよいフレーム
ほんとうにあわせやすいと思います。

と、ポンメガネ女性スタッフがもうしております。
僕もそう思います。

K.KANDA

ポンメガネ大宮

Preciosa

レンズ径が小さく全体的にも小ぶりなサイズです。
しかし、現在のトレンドと言えるクラシックスタイルの中でも単純ではない独特のフレーム形状に魅力を感じます。
ホーンリムと言った細く張り出したツルへの連結部なども特徴になるポイントの一つです。
デザインとしての見た目だけでなく小ぶりなフレームもこの細長く張り出した部分があることによって
男性でも違和感なくこの小ぶりなフレームが納まり装用感も悪くありません。
また金属の鼻当てが付いているのも良いところの一つ。

mod.764
Preciosa
ラウンドにも近いシェイプのボストン型フレーム。柔らかさのある実は一番掛けやすモデル。

mod.765
Preciosa
小ぶりでエッジの効いたスクエアであるはずなのに可愛らしい雰囲気を漂わすギャップを持っています。

mod.766
Preciosa
ヨーロピアンデザインらしい上部に重心を置いたストレートなラインが特徴となるフレーム。

Preciosa が気になった方は商品紹介ページにて詳細をご覧下さいませ!

それでは今日は、この辺で。
K.Kanda

ポンメガネ大宮

151123-preciosa_01

オランダのメガネブランド [ Preciosa プレシオーサ ]の正規取扱店として
ポンメガネ大宮で販売を開始しました。

繊細で可愛らしい端正なフレームのデザインと
超ビックシェイプのゴライアス復刻モデル
振り幅の大きな、面白いブランドです。
大宮店でご覧いただけます。

待ちきれない方は、一部をオンラインショップに
掲載しましたので是非ご覧ください。

それでは今日は、この辺で。

T.KANDA

ポンメガネ大宮

メガネの通販サイト ポンメガネweb
THOM BROWNE. メガネ TB-011 オリバーゴールドスミス VICE-CONSUL
モスコット定番 LEMTOSHレムトッシュ 通販

ポンメガネ大宮

  • 住所: 埼玉県さいたま市大宮区
  • 大門町3-195 美幸ビル1F
  • 電話: 048-782-7128
  • 営業: 12:00〜20:00
  • 定休: 水曜日

  • 店舗でのお会計は、現金支払いの他に各種クレジットカードのご利用が可能です。視力測定のサービスも行なっております。

facebook

Translate by google


跳ね上げ式クリップオンサングラス