ポンメガネ大宮 公式Blog

さいたま市大宮区にあるメガネのセレクトショップ ポンメガネ大宮のオフィシャルBlog。
入荷情報や展示会情報、日々の出来事など、営業日は毎日更新しています。THOM BROWNE•MOSCOT•Oliver Goldsmith•Lesca•Vintageなどをお取り扱い。

大宮Blog >> コンビネーションフレーム 記事一覧

コンビネーションフレーム 記事一覧

TB-011-gry-slv_01

  • brand: THOM BROWNE.
  • model: TB-011-C 46size
  • color: SATIN GREY CRYSTAL/SHINY SILVER

以前入荷した時がいつであっただろう。K.Kandaとともに本気で考えました。
たぶん1年半前。2015年のことです。

モノトーンの明るいカラーリングは、装いに程よい変化を生み
硬質なデザインが丸みのあるレンズにシャープさを与えます。
永らくお待たせいたしました。他のカラーも豊富に入荷しております。
次回入荷予定は未定ですので、ぜひこの機会にお試しください。

TB-011-gry-slv_02

T.Kanda

ポンメガネ大宮

2017-bostonclub-adam-1

2017-bostonclub-adam-3

2017-bostonclub-adam-2

  • brand: BOSTON CLUB
  • model: ADAM
  • color: col.01 / DEMI GREY

ボストンクラブの ADAM Col.01 が再入荷しました
普段使いのブラックやべっこう柄など
ベーシックなカラーのメガネではなく、
コーディネートの中で少しメガネにポイントを
もっていくというような小物遣いのアイテムとして
とても映えるフレームカラーです。
スタイルはクラシックなボストンタイプの
安定感ある形ですので既に掛け慣れてる方も
多いかと思います。次はフレームカラーでも
遊びの効いたスタイルで楽しんでみてはいかがでしょうか。
気になった方は是非お試しになってみて下さい。

2017-bostonclub-adam-4

それでは今日は、この辺で。

K.KANDA

ポンメガネ大宮

170213-yp-benny-01

作り続けられているテンプル柄

  • Yellowsplus
  • BENNY C1
  • MADE IN JAPAN

イエローズプラスのBENNYが久々に届きました。
BENNYに使われているテンプル芯は、長年作り続けている職人さんによるものです。
ブラックの生地の裏側のみクリアしたことで
この柄が折りたたんだ時に目を引きます。
長くご使用して頂きたいモデル。

170213-yp-benny-02

富田

ポンメガネ大宮

20170205-eyevan-743-1

  • brand: EYEVAN 7285
  • model: 743
  • color: 1002 / Black-Gold

細部にまでデザインが施され
細かなパーツの集合体となるEYEVANのコレクション。
ディテールに拘りを見せつつも
外見は普通に見えるように
というデザイナーの意向が施されています。
model: 743 もデザイナーの意向がまさに
具現化された仕様です。

正面からの見た目ではウェリントンのコンビネーションで
際立ってデザイン性が強いという出で立ちではなく
むしろ合わせやすいシンプルな印象も伺えます。
しかしフレームの裏側を覗いてみたり、
蝶番部分の細かなデザインを見てみたり、
正面からの印象とは相反して、
自然とすごいねコレって言いたくもなります。
20170205-eyevan-743-2

実はメタルフレームを基調としたフレームであり、
そこにワッパタイプのプラスチック素材を
這わせたフレームです。
ワッパ部分を単にフレームに巻き付かせるだけでなく、
全く別の形に見せるデザインがワッパ部分に
施されています。
簡単に言うと、メタル部分とワッパ部分、
それぞれに二重にデザインされ、それが一つの
フレームへと集約されたものになります。
20170205-eyevan-743-3

また蝶番のような細かな接合部へのデザインも
施され、ツルの内側は表面とはまるで別物の様相となる
ユーザーにのみ得ることの出来る満足感が
作り出されています。

普段使いにもし易く満足度の高い1本になると思います。
気になった方は是非お試しになってみて下さい。

20170205-eyevan-743-4

それでは今日は、この辺で。

K.KANDA

ポンメガネ大宮

20170121-bostonclub-adam-1

20170121-bostonclub-adam-3

20170121-bostonclub-adam-2

  • brand: BOSTON CLUB
  • model: ADAM
  • color: 03/DEMI, 02/SASA

フロントの基調はメタルフレームベースとなり、
レンズがハマる部分にのみ内側からプラスチック素材が
組み合わさるワッパタイプのボストンフレーム。
今日ご紹介の ADAM は、BOSTON CLUBの
コレクションの中でもオーセンティックなクラシカルを
アレンジしてリリースされているモデルの一つです。
基本的にはメタルフレームがベースですが
ADAMはツルの部分もプラスチックタイプとなるため
外からの見え方はフロントの一部にのみ金属が
組み合わさっているような見た目となります。
全体がプラスチック単体のフレームに比べて細くなり、
そして全体がメタルのフレーに比べては少し太くなる
程よい肉厚感が得られるフレームとなります。
ゴールドでツヤのあるメタル部分と落ち着いた印象の
べっ甲調のプラスチックカラーが組み合わさる
フレームカラーも身に着けるアイテムの中でポイントとなる
良いアクセントが効いたアイテムになってくると思います。

20170121-bostonclub-adam-5

燻したアンティークゴールドと笹柄のブラウンは
より落ち着いた雰囲気とシックで大人っぽさも演出できる
渋めな感じが良いカラーです。肌とも馴染みやすいカラーなので
キラッとした感じが苦手な方はこちらのカラーがおすすめです。

この形状のモデルは久しぶりに入荷してきましたので
お探しだった方はこの機会にどうぞお試しになってみて下さい。

それでは今日は、この辺で。

K.KANDA

ポンメガネ大宮

EYEVAN-7285 141 1002

一点でレンズを支持するワンポイントフレーム

  • brand: EYEVAN 7285
  • model: 141
  • issue: Precision

ブリッジ側の一点でレンズを支持するワンポイントフレーム。
極端に精緻なディテールは「あくまで背景」としてデザインされています。
緻密さ、精密さがある一線を超えるとそこに空間が感じられますが
このフレームもまさしくそんなプロダクトの一つ。

EYEVAN-7285 141 1002

一見スタンダードなアウトライン
少しの間見ていると、違いがありありと感じられます。
そんな奥行きのあるメガネ、7thコレクションよりセレクトしました。

T.Kanda

ポンメガネ大宮

20170116-one-three-cft-06

20170116-one-three-cft-06-2

20170116-one-three-cft-06-3

  • brand: One/Three
  • model: cft-06
  • color: col.1z、col.12

掛けた時にカポッとハマるような
気持ちイイ形状をデザインしながら、
素材の特性を熟知したデザイナーが
仕掛けるしなやかな掛け心地。
パーツごとに微妙に異なる弾力性や
厚みの変化によって生まれるシナリ具合などを
加味して仕上げられたONE/THREEのフレーム。
まだ創生したばかりの若いブランドですので
ブランドとしての認知度はまだまだですが、
もともと知っているビッグネームのブランドとは違い、
お店に来てブランドを知って頂き
その装用感とデザイン性を気に入って頂く方が
今はまだ多いブランドです。
今日ご紹介のモデルは、コレクションの中でも
スクエアをベースとしたベーシックなライン、
お仕事時でもプライベート時にでも
合わせやすいモデルの cft-06 です。
気になって頂いた方はぜひ実際に
店頭でお試しになってみて下さい。

それでは今日は、この辺で。

K.KANDA

ポンメガネ大宮

20170115-トムブラウン-TB-011-3

  • brand: THOM BROWNE.NEW YORK
  • model: TB-011 49size
  • color: BLK-12kGLD、NVY-SLV

TB-011 の 49サイズ、人気カラーが揃いました。
発売当初からのカラーラインナップにあるブラック×ゴールは
相変わらず1,2番を競う人気カラーですが、長らく欠品していました。
また、昨年新たに追加されたカラーのネイビー×シルバーは
ブラック×ゴールドに比べ落ち着いた雰囲気があり、
お仕事時などでも使い易いカラーともあって
ここ最近ではブラック×ゴールドにも負けない人気が出てきています。
今はどちらも在庫がございますので是非掛け比べて選んでください。

20170115-トムブラウン-TB-011

20170115-トムブラウン-TB-011-1

それでは今日は、この辺で。

K.KANDA

ポンメガネ大宮

170107_eyevan7285_1st_1

クラシックな要素をモードに変換したディテール

  • brand: EYEVAN 7285
  • collection: 1st
  • model: 307
  • color: 201S

初めて目にした時に「これがあったか!」と思ったディテールです。
ヴィンテージで使われていた一点カシメを用いて
モードな佇まいとして着地させたEYEVAN7285のファーストコレクション。
ツヤ有りのソリッドなメタルの質感のなかに、
異なるカラーの鋲がセンス良く納まる様はとても魅力的です。

スタンダードなウエリントンスタイルに、このシンプルなデザインが映えます。

170107_eyevan7285_1st_2
170107_eyevan7285_1st_3
170107_eyevan7285_1st_4
170107_eyevan7285_1st_5

再生産をなかなか行わないアイヴァンの1stコレクションです。
在庫あるうちにお試しください。
製品ページにて様々な角度からご覧いただけます。

T.Kanda

ポンメガネ大宮

161226-h-fusion-titan_1161226-h-fusion-titan_2161226-h-fusion-titan_3

チタニウムを使用したコンビネーション

  • brand: H-fusion
  • collection: 2016 fw
  • model: 125
  • issue: TITANIUM+ACETATE

スッキリとした、それでいてディテールの密度を高く保ったデザインです。
チタンを使用した軽く強靭なメタル躯体と
アセテートのインナーリムの切り替わりがシャープな構成。

かけた時にこれまでのコンビネーションがナードな雰囲気だとすれば
当フレームをはじめ、今季の新作達はどこかモードな雰囲気が漂います。
男性はもとより、目元を印象付けるアイテムとして女性にもオススメです。

T.Kanda

ポンメガネ大宮

161222-eyevan-556_01

凝りに凝ったディテールをもつmod.556

  • brand: EYEVAN 7285
  • model: 556
  • issue: Mannerism

スマートな雰囲気と対をなす、圧倒されるようなディテールの凝りよう。
この二つ要素が同居するのがアイヴァン7285の魅力です。
mod.556は精緻なデザインを施したメタルプレートを
アセテート生地で挟み、封入するという手法でフロントが形成されています。

161222-eyevan-556_02

フロント前面にネジや鋲を出したくない、という意図で生まれた封入の技法ですが
透け感の生地を用いたカラーは技巧的な美しさがありありと感じられます。
一方、技法の出発点となった「見せない」というデザインをストレートに表現した
ブラック生地のモデルもございます。もちろんですが中は見えません。
本当にそれでいいのか?と思われるかもしれませが、
ディテールが無い独特の抜け感もまた魅力的です。

161222-eyevan-556_03

1つのモデルで感じられ方が全然異なるmod.556。
ぜひ大宮店で掛け比べをお楽しみください。

T.Kanda

ポンメガネ大宮

161218_h-fusion-610-01161218_h-fusion-610-02

  • brand: H-fusion
  • collection: 2016 fw
  • model: 610 new-color
  • issue: combination

新たにアップデートされてリリースされた HF-610 new-color。
レギュラーモデルにあったセル巻きではなく、
ワッパというプラスチック素材を金属リムの内側から巻くタイプです。
新型とも言えるこれまでの610とはまた少し違う見え方をするものとなっています。
そしてさらに新しいのはそのワッパが極細で巻かれているところです。
金属フレーム自体に色を塗ったのかと思わせるほどに薄く細くしたプラスチック素材の
ワッパが技術力の高さを感じさせ、デザインと共に精密で良質な品質の高さを醸し出す
高級感のあるスタイルへと昇華した HF-610 の新たなコレクションの一つとして加わりました。

K.Kanda

ポンメガネ大宮

161204_dita_spacecraft_01

  • brand: DITA
  • collection: 2016 fw
  • model: SPACECRAFT 52size
  • color: GRY/GLD

2016年秋に発表された新作のサングラスは端正なティアドロップ。
メタルフレームとレンズの間に風防付きのアセテートパーツをはめ込んでいるので、
ネジ山など付属の凹凸が少なく、ラグジュアリーなデザインなのに「端正」という表現がピッタリなフレームです。

161204_dita_spacecraft_02
161204_dita_spacecraft_03
161204_dita_spacecraft_04

透け感が生み出すグレーのグラデーションと、ミルキーゴールドフラッシュレンズのカラーデザインもスマートです。

T.Kanda

ポンメガネ大宮

161202-og-radlett_01

  • brand: Oliver Goldsmith
  • model: RADLETT
  • issue: 2 size

先日ご紹介しました、オリバーゴールドスミスの新作RADRETT。
本日、入荷が遅れていた巻きセルの「Gold OSHB」カラーが入荷しました。

161202-og-radlett_02

サイズが46と48の2型展開です。
並べてみると同じ素材、同じカラーであってもかなり違います。

161202-og-radlett_03
161202-og-radlett_04

硬質な、カチリとした存在感は画像下の46サイズ。
伸びやかで丸みのあるボストンをお求めでしたら、画像上の48サイズがオススメです。

T.Kanda

ポンメガネ大宮

h-fusion

  • brand: H-fusion
  • model: HF-124
  • issue: Strawberry-Shape

H-FUSION の極細ブローシリーズから新作のHF-124 が入荷しました。
今では一般的となったボストンシェイプから、
少しハリを持たせた新しい雰囲気が漂う形の
ストロベリーシェイプが新鮮です。
角を残した程良い丸さが顔なじみの良い
ブローフレームに仕上がっています。
気になった方は是非お試しになってみて下さい。

K.Kanda

ポンメガネ大宮

すべてが黒い、オールブラックのメガネ。One/Three

  • brand: One/Three
  • theme: Material Lab #02_Titanium
  • issue: All-Black [color.00z]

オールブラックのメガネが入荷しました。
アセテート、チタンのメタルパーツともに艶ありのブラックで構成された「color.00z」。
潔いこの配色は、なかなか見つかりません。

161128-onethree-black_02
161128-onethree-black_03
161128-onethree-black_04

マットブラックだと、他ブランドでも僅かながら選択肢がございます。
新たに加わった、艶ありのオールブラックという選択肢をぜひお試しください。

161128-onethree-black_05

T.Kanda

ポンメガネ大宮

161125-japonism-1-1

  • brand: JAPONISM
  • series: PROJECTION
  • model: JP-025
  • front material: Trogamid
  • temple material: Titanium

161125-japonism-4

161125-japonism-5

ジャンル分けをすのであればボストンタイプ。
しかし、そのクラシカルな形状に先進的なデザインと
機能性を組み込んだ JP-025 。
トレンドを意識しながらモダンなテイストを提案する
JAPONISM ならではのボストンシェイプです。
また、トロガミド素材でマットな質感と
切り出したままのエッジのあるフレームラインからも
モダンな雰囲気が色濃く滲み出るクラシックに傾倒しすぎない
新しいスタイルでもあると思います。
気になって頂いた方は是非お試しになってみて下さい。

JP-025 : ボストンシェイプ :

161125-japonism-8

また、より正統派のスタイルともなる
ウェリントンスタイルの JP-021 もおすすめです。

JP-021 : ウェリントンシェイプ

161125-japonism-7

それでは今日は、この辺で。

K.KANDA

ポンメガネ大宮

161112_thombrowne_tb-011-ft

  • brand: THOM BROWNE.
  • model: TB-011-F-T 49size
  • issue: Re-Stock

人気のサングラス「TB-011-F-T」何本か入荷しました。
かなり久しぶりのストックです。
日差しが降り注ぐ真夏のサングラスもは用途としてストレートでいいですが、
装いに厚みが出てくる秋冬にこそTB-011のようなボリュームはシックリ馴染みます。

2012 FALL/WINTERにてリリースされた同モデル。
以来、トムブラウンの定番として人気が絶えません。
5年前から未だに評価され続けれおりますので今後も当分はこの状況が続くと思います。
ある時に一度お試しください。

T.Kanda

ポンメガネ大宮

GLCOの2016f/wの最新作をお披露目 PAKIMAGLCOの2016f/wの最新作をお披露目 CLOYGLCOの2016f/wの最新作をお披露目 WILSON

  • brand: GARRETT LEIGHT
  • issue: Arrival 2016f/w

GLCO(GARRETT LEIGHT)の新作が入荷しました。
細いリムに細いワッパと細いテンプルを組み合わせた新作「PAKIMA」。
繊細なディテールと丸みを帯びたブロウの組み合わせが魅力の「CLOY」。
新色が追加された定番の「WILSON」。

161111-glco-new_04

なかなか素敵な新作・新色たちです。
明日以降撮影予定です。
ポンメガネ大宮でご覧いただけます。

明日もご来店をお待ちしております。

T.Kanda

ポンメガネ大宮

161031-brow-shuron-moscot_01

  • model: YUKEL(MOSCOT) & RONSIR-ZYL(SHURON)
  • issue: BROW STYLE

定番のブロウスタイル。
「American Optical社のブローの場合のみ、サーモントブローと呼ぶ。」と決めているお客様もいるほどマニアックに入り込めるスタイルです。AOに限らず定番と呼ばれるブロースタイルは、各社からリリースされていますが本日は2ブランドの定番をご案内します。

161031-brow-shuron-moscot_02

写真・上のフレーム、半世紀以上同じモデルを作り続けているアメリカのSHURON社、RONSIR-ZYL(ロンサー)。と、アメリカ・ニューヨークのMOSCOTの定番YUKEL(ユケル)。
どちらも流行にあまり関係なく、お探しのお客様が絶えないモデル。
その違いが面白いのでピックアップしました。

161031-brow-shuron-moscot_03

飾り鋲や、アセテートの切り方など、細くシンプルな構成のYUKELに対し、RONSIR-ZYLはディテールの存在感が強く、エッジも明瞭です。

161031-brow-shuron-moscot_04

ブリッジの形状を見ると、サラリとラインがつながるユケルに対し、ディテールの抑揚がはっきりとついたロンサーという違いが見て取れます。

161031-brow-shuron-moscot_05

どちらも人気モデルだけあり、海外のフレームながら日本人の顔にも似合いやすい、普遍的なデザインが魅力です。
サラリとしたブローをお探しのお客様も、キレのあるブレないスタンダードなブローをお探しのお客様もご納得いただけるのではないでしょうか。

T.Kanda

ポンメガネ大宮

161023-thombrowne_tb110-tb011_1

  • brand: THOM BROWNE.
  • model: TB-110 48size & TB-011 49size
  • issue: Difference

トムブラウンの新作が入荷したことは先日の記事でお知らせいたしました。
お問い合わせを頂いている、新作のTB-110(48size)と定番のTB-011(49size)の違いを見た目をベースに簡単にまとめました。
実際のニュアンスなど、細かな違いがありますので詳細はぜひ店頭にてご体験くださいませ。
寸法につきましては商品の詳細ページに記載しております。

レンズサイズの違いは数値上明瞭ですが、感覚としての違いはさほど感じられません。
全てを網羅しておりませんが、以下に部分ごとに簡単に紹介します。

161023-thombrowne_tb110-tb011_2

テンプルの付け根の高さが異なることが見て取れます。
左のTB-110のマットブラックのパーツと智の組み合わさる部分に注目すると、先が細くかつスッキリとしたカーブを描いています。
また、智の側面にはトムブラウンのアイコンともなっているストライプが刻まれています。

161023-thombrowne_tb110-tb011_4

上からのショット。
左のTB-110のマットブラック生地と右のTB-011のネイビー生地とを比べると、厚み(奥行き)の違いが見て取れます。
TB-110は、智とブロウパーツがガッシリと組み合わさっています。
インナーリムの厚みを削った分、智を後ろに下げたというのが正しいかもしれません。

161023-thombrowne_tb110-tb011_5
161023-thombrowne_tb110-tb011_6

フロントの横幅は両者ほぼ同じです。
フロントの奥行が薄くなったり、ネジのためのボックスが現れるなど新旧で詳細は異なります。
しかしながら、印象としては全く異なるモデルではなく
TB-011 49sizeのイメージをオールメタルで作った時にバランスをとるためにサイズが異なる。という風にとらえました。
これは人気が出そうです。

テンプルの先にあるトムブラウンのトリコロール。110の方はプックリと大きな仕様です。

T.Kanda

ポンメガネ大宮

161022-og-ice_01

  • brand: Oliver Goldsmith
  • color: Ice
  • issue: Transparent color

黄色味が混ざらない、無機質な雰囲気を湛えた透明生地。
イギリスの老舗ブランド、オリバーゴールドスミスでは「Ice / アイス」と呼ばれるカラーです。
存在感はありつつ上品なバランスのフレームだからこそお試しいただきたい生地。

OG VICE-CONSUL-s ice
OG ELDRADO ice
OG ASCOT ice

クリアと艶ありゴールドの組み合わせは大人のアイウェアとして
数年前からオススメしている組み合わせです。
もう定番となりつつあるセレクトかもしれません。
サングラスにしても素敵だと思います。

上から順に

161022-og-ice_05

T.Kanda

ポンメガネ大宮

161013-yp-steve-_1

  • brand: YELLOWS PLUS
  • model: STEVIE
  • style: Brow

シンプルなボストンシェイプのブロウスタイル。
ブリッジの部分と智の部分で異なる、アセテートのブロウパーツを切る角度と
両サイドに若干残したボリューム感。
目を留めてしまうアイストップの分散の仕方に無理がなく、スマートに見えるフレームです。
レンズシェイプは柔らかなのにスマートという表現がぴったりな一本。
是非お試しください。

161013-yp-steve-_2

T.Kanda

ポンメガネ大宮

img_3651

  • brand: JAPONISM
  • model: JN-477 Col.08
  • style: Combination

常に斬新な構造で装用感を高めつつ
デザインとしても目を引く独自のコレクションを生み出してきたJAPONISM。
BOSTON CLUB から生まれたJAPONISMブランドも今年で20周年を迎えました 。
最新のモデルも気になるところですが、
ポンメガネでは過去の作品の中から秀逸さのあるデザインと
個人的な好みも合わさって、今かけてもカッコイイ過去の作品を掘り起こし、
セレクトしてみました。

img_3645

内側への奥行あるブローパーツと下半分だけのセル枠(逆ナイロール)が組み合わさり
さらにテンプルがフロントまで伸びた複雑なバランスで仕上がったJN-477。

img_3647

宙に浮くフローティング構造を駆使して仕上げられた難しい作りの中でも
それぞれの個所がきれいに重なり合うJAPONISMらしい計算されたデザイン。
日本製メガネの常に上位を走ってきたブランドならではです。
現代的なクォリティーと技術を感じられるMADE IN JAPAN を感じられるメガネ。
気になった方は試しになってみて下さい。

それでは今日は、この辺で。

K.Kanda

ポンメガネ大宮

160924-precipsa-wel-01

  • brand: Preciosa
  • model: mod.863
  • style: Combination
  • Season: 2016

2015年昨年の秋にフランスの展示会で2016年の新作としていま作成中だよっと試作品を見せてもらってから早1年。
早く注文したいなっと思っていたプレシオーサの新作が先日入荷してきました。
既に数点はご販売させて頂いちゃいましたがまだまだ選べます。
今回の新作はメタルベースの小径フレームです。やっぱりとってもいい感じの大人仕様の眼鏡です!

160924-precipsa-wel-02

特に今日ピックアップした「 mod.863 」はレンズシェイプがウェリントン形状で
この大きさのフレームにはなかなか無い形のものとなっています。
個人的にもお気に入りのモデルです。
また、ワッパというプラスチック枠がメタルフレームの内側からハリめぐらせているのですが、
ここの部分はその他ブランドで、よりベーシックなサイズ感のフレームと相対的に見ても厚みはほぼ変わりません。
しかし、この小ぶりなレンズシェイプに同様のワッパが組み合わさると、印象としては他のそれとは違って
程よく肉厚な雰囲気が出て、なんだかぽってりとした感じが可愛くもあり、かっこよくもあります。
そして、落ち着いた雰囲気での色の組み合わせもGOODです。

160924-precipsa-wel-03

レンズシェイプはとても小ぶりなので、全体のバランスを整えるために鼻幅もやや広く、
そしてサイドの張り出しも少し長くなっています。そうなっていることで頭が小さい人専用というわけではなく
幅広く一般的なお顔の大きさの人でも普通にかけられる全体のサイズ感となっています。
また欧米人の方はお鼻が高く大きいのでブリッジの山なりは深く 欧米人仕様となっています。
そのせり立ったブリッジラインもかっこいいところの一つですね。
しかし、上記の仕様そのままだと「このフレーム カッコイイな」と思っても
われわれ日本人では鼻が低いので多くの人が掛けられません。
でもこのモデルでは金属の鼻当てがデザインと共に組み込まれ
それでいて全体のデザイン性も損なわれていないので
日本人でも装用感も良く掛けられるものとなっています。
少し特徴のある眼鏡で自分自身を演出するきっと良いアイテムになると思いますので
気になった方はぜひお試しになってみて下さい。

それでは今日は、この辺で。

K.Kanda

ポンメガネ大宮

160923-moscot-zev-01

  • brand: MOSCOT
  • model: ZEV
  • color: Tortoise/Gold

お問い合わせの多い、 ZEVのTortoise/Gold。
ゼヴは46サイズ・49サイズ・52サイズの3サイズ展開です。
弊社在庫が完売した場合はブランドからのお取り寄せも承っております。

レンズシェイプはボストンスタイルですが
丸みが強いため、丸メガネとも形容されるフレーム。
角の立ったブリッジの形状、細いリム、やわらかなシェイプなど
ディテールを含めバランスの良いプロダクトです。

160923-moscot-zev-02

ケースやメガネ拭き、エコバックを含めパッケージも好評です。

T.Kanda

ポンメガネ大宮

160920-yellows-plus_sean_01

  • brand: YELLOWS PLUS
  • model: SEAN
  • style: Oval Combination

イエローズプラスのメインの取り扱いは浦和店ですが、大宮でもK.Kandaがセレクトしたフレームが並んでいます。
同じブランドでも、店舗により雰囲気が変わります。

「SEAN/ショーン」は柔らかなポッテリとしたレンズシェイプと対をなすように、
細く繊細なリムおよび、テンプル付け根のギュっと絞られたディテールのギャップが心地よいデザインです。
そのギャップがシャープな雰囲気を生み出します。

160920-yellows-plus_sean_02

T.Kanda

ポンメガネ大宮

メガネの通販サイト ポンメガネweb
THOM BROWNE. メガネ TB-011 オリバーゴールドスミス VICE-CONSUL
モスコット定番 LEMTOSHレムトッシュ 通販
EYEVAN 7285 ページ

ポンメガネ大宮

  • 住所: 埼玉県さいたま市大宮区
  • 大門町3-195 美幸ビル1F
  • 電話: 048-782-7128
  • 営業: 12:00〜20:00
  • 定休: 水曜日

  • 店舗でのお会計は、現金支払いの他に各種クレジットカードのご利用が可能です。視力測定のサービスも行なっております。

facebook

Translate by google


跳ね上げ式クリップオンサングラス