PonMegane

メガネの磨きなおし

メガネの艶出し磨き

アセテート・セルロイド製フレーム

 ポンメガネでは、傷ついたり白く曇ってしまったアセテートおよびセルロイド製メガネ・サングラスの艶出し磨きのご注文を承っております。フレームの状態により、用いる道具や作業工程を分け、素材が秘めている美しい艶を生み出します。
 浦和店二階の工房にて、ポンメガネでご購入のフレームも他店にてご購入のフレームも個別の状況に見合う最適な手法にて手磨きいたします。
 下地処理から仕上げまで面を整えるように加工を行いますので、小型のルーターや手磨きのみの施術と比べ、スッキリとした綺麗な艶が生まれます。

メガネフレームの仕上げバフ磨き
tefu. 51i フレーム磨き前

Notes/ご注意

  1. フレーム磨きの対象素材はアセテートとセルロイドでございます。
  2. メタルフレームの磨きは承っておりません。
  3. オークリーをはじめとする形成一体式のフレームの磨きは承ることができません。その他、同様にオプチル素材などインジェクションによるフレームはお受けすることができません。
  4. マット仕上げのフレームは承ることができません。
  5. フレーム内側の印字は磨きの工程で消える可能性がございますが、印字を避けて研磨することも可能でございます。ご注文時に選択欄にてご指定くださいませ。
  6. 作業開始後のキャンセルは承ることができません。
  7. 全ての傷を完璧になくすことはできません。何卒ご了承くださいませ。
  8. 作業中の破損につきましては、補償を行うことができません。
  9. フレーム形状の補正は承ることができません。
  10. フレームの状態によりご注文を承ることができない場合がございます。その場合は着払いにて返送とさせていただきます。
  11. 送料はお客様ご負担とさせていただいております。
  12. コンビネーションフレームは磨きを行うことができない場合がございます。お問い合わせくださいませ。

Price/価格

Frame Category Date Price (税抜き)
レンズとセットでご購入いただいた商品
(サングラスを含む)
現行フレーム 一週間以内 無料
ヴィンテージフレーム 一週間以内 無料
フレームのみをご購入いただいた商品 現行フレーム 一週間以内 ¥ 3,000
ヴィンテージフレーム 一週間〜二週間 ¥ 5,000
他店でご購入の商品(譲渡品含む) 現行フレーム 一週間以内 ¥ 6,000
ヴィンテージフレーム 一週間〜二週間 ¥ 9,000

Flow/ご注文の流れ「web注文の場合」

1

webご依頼

フレーム磨き webご依頼

メール、または当ページ右上の「Order/ご注文」ボタンからご注文ください。

2

店舗へ発送

フレーム磨き 店舗へ発送

「ご注文内容の確認」メールを受信。ご依頼品を弊社浦和店までご発送いただきます。

3

検品・見積り

フレーム磨き 検品・見積り

ご依頼品が店舗到着。状態の確認後、速やかにお見積もりメールを送信いたします。受注が困難な場合には当過程にてご報告申し上げます。

4

お支払い

フレーム磨き お支払い

お見積もりメールへの返信にてご注文が確定いたします。その後、クレジットカード決済または弊社口座へごお振込いただきます。

5

研磨/艶出し加工

フレーム磨き 研磨/艶出し加工

ヴィンテージフレームなど一部例外を除き一週間以内に完了いたします。混雑具合により変動いたしますのでご了承くださいませ。

6

ご依頼品の返送

フレーム磨き ご依頼品の返送

研磨作業が完了いたしましたら速やかに発送手配を行います。発送後、追跡番号をメールにてお知らせいたします。

7

お受け取り

フレーム磨き お受け取り

研磨作業が完了いたしましたら速やかに発送手配を行います。発送後、追跡番号をメールにてお知らせいたします。

ご請求額 = 加工料金 + 送料(864円)

Flow/ご注文の流れ「店舗の場合」

1

来店/お見積り

フレーム磨き 店舗注文 来店/お見積り

店舗にてご要望をヒアリングし、お見積もりいたします。シルクスクリーン印字の処理や特に気になる部分などお申し付けくださいませ。

2

お支払い

フレーム磨き 店舗注文 お支払い

お見積もりおよび注意点をご確認いただき、加工料をお支払いいただきます。

3

研磨/艶出し加工

フレーム磨き 店舗注文 研磨/艶出し加工

ヴィンテージフレームなど一部例外を除き一週間以内にお渡しが可能でございますが、正確な日程をお見積もり時にご案内が可能でございます。

4

お受け取り

フレーム磨き 店舗注文 お受け取り

実際にお手に取って磨きの状態をご確認ください。必要な場合には追加で磨き仕上げます。

ご請求額 = 加工料金

Polish Sample/磨き加工事例

OLIVER PEOPLES Future scope 8108 フレーム磨き前
OLIVER PEOPLES Future scope 8108 フレーム磨き後
  • No.0033
  • category: Current
  • brand: OLIVER PEOPLES
  • model: Future scope
  • color: 8108

程度としては小〜中くらいの軽い変質。艶の有無は印象に大きく影響があります。

spec espace ES-5201 1 フレーム磨き前
spec espace ES-5201 1 フレーム磨き後
  • No.0032
  • category: Current
  • brand: spec espace
  • model: ES-5201
  • color: 1

肌に当たりやすい部分に白い変質が発生し、ポツポツと生地深くまで達する部位もありました。基礎の均しをしっかりと行い本来の艶が現れました。これくらいの深さになると刻印は消える場合が多いのですが、できる限り刻印は残すように努めています。

Preciosa 766 17 フレーム磨き前
Preciosa 766 17 フレーム磨き後
  • No.0031
  • category: Current
  • brand: Preciosa
  • model: 766
  • color: 17

全体に薄く白い変質が発生し、ブリッジ周辺に強く発生していました。白い白濁は、濃い色のフレーム・平面のあるフレームは特に印象を変化させてしまいます。フレームへのダメージを最小限に抑えつつ、美しい生地感を復活させました。

RayBan RB5174 2328 フレーム磨き前
RayBan RB5174 2328 フレーム磨き後
  • No.0030
  • category: Current
  • brand: RayBan
  • model: RB5174
  • color: 2328

とても強い変質があらゆる箇所に発生していました。ここまで強く出ている状態のフレームは表面のみならず内部まで劣化が進んでいると見られます。が、綺麗になりました。表面につきましてはヤスリにより丁寧な下処理と、中間磨きに時間を割いています。通常よりも若干お時間を頂戴しての加工となりました。

Oliver-Goldsmith COUNSELLOR-51 Nero フレーム磨き前
Oliver-Goldsmith COUNSELLOR-51 Nero フレーム磨き後
  • No.0029
  • category: Current
  • brand: Oliver Goldsmith
  • model: COUNSELLOR-51
  • color: Nero

手で触りやすい智の部分を除き、全体がマットな質感に曇っていたフレーム。以前にも磨きをおこなわせていただきましたが、これくらいの症状までにお持ち込みいただければ、フレームにかかる負荷も表面を磨き取る分量も少なく済み、フレームの寿命が比較的長く保たれます。

Oliver-Goldsmith MARCHIONESS DDT フレーム磨き前
Oliver-Goldsmith MARCHIONESS DDT フレーム磨き後
  • No.0028
  • category: Current
  • brand: Oliver Goldsmith
  • model: MARCHIONESS
  • color: DDT

全体に強いスレと、ブリッジ周辺を中心に白い変質、テンプルに強いひび割れがみられました。生地そのものが硬化しておりましたので、できる限りの加工となりました。一部傷が残っている部分は破損の可能性を考慮し意図して残した部分です。ご要望があればさらに磨きも可能です。

Oliver-Goldsmith CONSUL-s River フレーム磨き前
Oliver-Goldsmith CONSUL-s River フレーム磨き後
  • No.0027
  • category: Current
  • brand: Oliver Goldsmith
  • model: CONSUL-s
  • color: River

表面に満遍なく変質が発生し、フレームがマットな質感に変化していました。磨き直しにより深い独特の生地感が復活しました。濃いフレームほど加工前後の違いが明瞭で、全く別の商品に見えるほどです。

TART vintage ARNEL REDWOOD-CB 44-22 フレーム磨き前
TART vintage ARNEL REDWOOD-CB 44-22 フレーム磨き後
  • No.0026
  • category: Vintage
  • brand: TART OPTICAL
  • model: ARNEL 44-22
  • color: REDWOOD C.B.

全体的にスレがみられ、結果として艶が弱くなっていました。変質の除去ではなく。艶だしの磨き上げを重視し加工いたしました。ヴィンテージは風合いをどのように残すのか千差万別です。店舗にてご要望をお聞かせいただけましたらご希望に沿った仕上げに近づけることが可能でございます。

lunor A5 mod.601 col.2 フレーム磨き前
lunor A5 mod.601 col.2 フレーム磨き後
  • No.0025
  • category: Current
  • brand: lunor
  • model: A5 601
  • color: 2

テンプルに強く白い変質が発生していました。複数のバフを用いて除去し、視覚的にも物理的にも清潔な状態が復活しています。これより強い変質の場合は生地の奥まで到達している可能性がございます。磨き切らずにフィニッシュするなど対応は様々でございます。ご相談くださいませ。

ayame-for-ponmegane DT フレーム磨き前
ayame-for-ponmegane DT フレーム磨き後
  • No.0024
  • category: Current
  • brand: ayame for ponmegane
  • color: deep tortoise

薄く白い変質が発生し、マットな質感になっていました。バフがけで除去することができたのでフレームへのダメージは最小限で作業を完了することができました。

American Optical vintage フレーム磨き前
American Optical vintage フレーム磨き後
  • No.0023
  • category: vintage
  • brand: American Optical
  • model: F523 MAIN EVENT 変形ダイヤ鋲
  • color: AMBER

ヒンジ部分にピンロックが組み込まれたヴィンテージフレーム。通常パーツを分解して磨きをかけますが今回はレンズのみ外した状態で研磨を行いました。白い変質が除去され透明感が戻っています。

Lunor A5 mod.226 col.02 フレーム磨き前
Lunor A5 mod.226 col.02 フレーム磨き後
  • No.0022
  • category: Current
  • brand: Lunor
  • model: A5 226
  • color: 02

細く繊細なアセテートフレーム。細かいだけに、コントラストの有無がスマートな印象を決定づけます。知的なデザインのフレームは特に劣化の状況が顕著ですので定期的にメンテナンスをオススメしております。

Oliver Goldsmith KOLUS-s Nero フレーム磨き前
Oliver Goldsmith KOLUS-s Nero フレーム磨き後
  • No.0021
  • category: Current
  • brand: Oliver Goldsmith
  • model: KOLUS-s
  • color: Nero

美しいセルの表現も魅力のオリバーゴールドスミス。長くご使用いただいており、数年前にも同様の磨きを行いました。使用環境により頻度は様々ですが、一つのフレームを長期にわたりお楽しみいただくのに磨きは必須です。本来の深い黒が復活しました。厚みのあるフレームは磨きの成果がい一目瞭然です。

japonism JN-431M RDPL フレーム磨き前
japonism JN-431M RDPL フレーム磨き後
  • No.0020
  • category: Current
  • brand: JAPONISM
  • model: JN-431M
  • color: RDPL

特に左右テンプル付け根に薄いモヤがかかった状態。ツヤ感が弱まりデザインのらしさが弱まっています。大型のバフ磨きにより均一な曲面が維持され歪みのない仕上がりになりました。

japonism JN-500 COL09 フレーム磨き前
japonism JN-500 COL09 フレーム磨き後
  • No.0019
  • category: Current
  • brand: JAPONISM
  • model: JN-500
  • color: COL09

特に左右テンプル先の外側に白い変質が大量に発生していました。深くまで入り込んでいたため表面を小刀で削ぎ落とし泥バフ・中間バフ・仕上げバフ・手磨きという順で仕上げています。

Yellows PLus VICK C1W フレーム磨き前
Yellows PLus VICK C1W フレーム磨き後
  • No.0018
  • category: Current
  • brand: Yellows PLus
  • model: VICK
  • color: 1W

白い変質が異素材の接合部を中心に発生していました。カシメ構造のため分解してバフをかけられない部分は、様々な道具を用いて手磨きで仕上げています。コンビネーション系フレームは細いリムであることが多いので、変質が強く出る前にご相談くださいませ。

Anne et Valentin ROMANCE 0634 フレーム磨き前
Anne et Valentin ROMANCE 0634 フレーム磨き後
  • No.0017
  • category: Current
  • brand: Anne et Valentin
  • model: ROMANCE
  • color: 0634

薄く白い変質がフレーム全体を覆い、テンプルの先には縮みと割れが多数発生していた個体。小刀で先セル部分を丁寧に均した。バフがけにより曇りが取れ、コントラストが蘇りました。テンプルの割れは、その数と深さと割れ方など素材の状態によりどこまで手を加えるか異なります。

Oliver Goldsmith CONSUL-s DT フレーム磨き前
Oliver Goldsmith CONSUL-s DT フレーム磨き後
  • No.0016
  • category: Current
  • brand: Oliver Goldsmith
  • model: CONSUL-s
  • color: Dark Tortoiseshell

白い変質がフレーム全体を覆い、テンプルには縮みと割れが発生していた個体。バフがけにより曇りが取れ、コントラストが蘇りました。テンプルの割れは作業中に更なる割れ・折れに繋がる可能性があったため、破損個所を避けつつ極力磨きを掛けました。afterのテンプルに縮みの痕跡が残りますが今回はこの状態を最善といたしました。

American Optical vintage STADIUM Tortoise フレーム磨き前
American Optical vintage STADIUM Tortoise フレーム磨き後
  • No.0015
  • category: Current
  • brand: JAPONISM
  • model: JN-447
  • color: 01

強く白い変質がフレーム表面を覆っていた個体。特に左右のテンプル外側とブリッジ表面に強く現れていた。立体構造のため、ディテールごとに異なる曲率のカーブをひとつづつフィニッシュさせた。

American Optical vintage STADIUM Tortoise フレーム磨き前
American Optical vintage STADIUM Tortoise フレーム磨き後
  • No.0014
  • category: Vintage
  • brand: American Optical
  • model: STADIUM
  • color: Tortoise

軽度ながら全体に万遍なくひろがる曇りの除去を行った。当時のヴィンテージAOらしく、ヒンジとネジの間にパイプがあり外すと破損する恐れがあったため、フロントとテンプルを分離せずの作業となった。磨き後はコントラストが蘇りシャープな印象に。磨き前の画像はレンズが入っている状態のため、リム内側の柄の見え方に違いがございます。

Oliver-Goldsmith VICE-CONSUL-s Tortoiseshell フレーム磨き前
Oliver-Goldsmith VICE-CONSUL-s Tortoiseshell フレーム磨き後
  • No.0013
  • category: Current
  • brand: Oliver Goldsmith
  • model: VICE-CONSUL-s
  • color: Tortoiseshell

全体の曇りは軽度ながら、ブロウラインとフロント上部にポチポチと細かく穴が空いたような傷・スリ傷などが見られた。正面と側面のラインに歪みが出ないように注意しながらケガキで傷を均した。

YELLOWS PLUS No.614 C396 フレーム磨き前
YELLOWS PLUS No.614 C396 フレーム磨き後
  • No.0012
  • category: Current
  • brand: YELLOWS PLUS
  • model: No.614
  • color: 396

跳ね上げ式のメガネ。フレーム全体にわたる中程度の曇りの除去と、テンプル内側の白い変質の除去を行った。艶出し磨きを加えることで透明感が増し、濃淡のコントラストにより引き締まった印象になった。

ayame NEWOLD BK フレーム磨き前
ayame NEWOLD BK フレーム磨き後
  • No.0011
  • category: Current
  • brand: ayame
  • model: NEWOPLD
  • color: BK

ピンポイントで発生している白い変質部分の除去。薄く曇りが発生しており、仕上げバフと艶出し磨きをメインにフィニッシュした。

ayame SPIKE CB フレーム磨き前
ayame SPIKE CB フレーム磨き後
  • No.0010
  • category: Current
  • brand: ayame
  • model: SPIKE
  • color: CB

フロント、特にブリッジ上面に白い変質が発生。ケガキによる均しと泥バフによる研磨で平滑面を整え、仕上げバブを用いた。

Oliver-Goldsmith VICE-CONSUL-s DT フレーム磨き前
Oliver-Goldsmith VICE-CONSUL-s DT フレーム磨き後
  • No.0009
  • category: Current
  • brand: Oliver Goldsmith
  • model: VICE-CONSUL-s
  • color: DT

ブリッジ上面に白い変質が発生。ケガキによる均しと泥バフによる研磨で平滑面を整え、仕上げバブを用いた。

Persol 3030 V 95 フレーム磨き前
Persol 3030 V 95 フレーム磨き後
  • No.0008
  • category: Vintage
  • brand: Lesca VINTAGE
  • model: Crowne-Panto 6mm
  • color: Demi

表面に細かなクラックが大量に発生。ケガキで少しづつそぎ落とし、泥バフで面として均し、仕上げバフで磨きをかけた。

Persol 3030 V 95 フレーム磨き前
Persol 3030 V 95 フレーム磨き後
  • No.0007
  • category: Current
  • brand: Persol
  • model: 3030 V
  • color: 95

肌に触れる部分に変質が起こっていた。今後の使用を考慮しできるかぎり本体を削らないように注意して加工を行った。

OWL_bs001_Red-carpet フレーム磨き前
OWL_bs001_Red-carpet フレーム磨き後
  • No.0006
  • category: Current
  • brand: OWL
  • model: bs001
  • color: Red-carpet

部分的に変質が起こり、クリア越しに見えてしまうため研磨加工を行った。全体に起こっているものではなく、シルクスクリーンによるフレーム情報を残すことができた。

YELLOWS PLUS 0614 フレーム磨き前
YELLOWS PLUS 0614 フレーム磨き後
  • No.0005
  • category: Current
  • brand: YELLOWS PLUS
  • model: NO0614
  • color: 238

フレーム全体に白い変質が発生。ケガキによる均しと泥バフによる研磨で平滑面を整え、仕上げバブにより透き通る黒が蘇った。

FACTORY900_FA-096_col-007 フレーム磨き前
FACTORY900_FA-096_col-007 フレーム磨き後
  • No.0004
  • category: Current
  • brand: FACTORY900
  • model: FA-096
  • color: 007

フレーム全体に曇りが発生。特にテンプルに白く変質した部分が出ていた。ケガキによる均しと泥バフによる研磨で平滑面を整えた。

FACTORY900_FA-094_col-001 フレーム磨き前
FACTORY900_FA-094_col-001 フレーム磨き後
  • No.0003
  • category: Current
  • brand: FACTORY900
  • model: FA-094
  • color: 001

フレーム全体に曇りが発生。特にテンプルに白く変質した部分が出ていた。ケガキによる均しと泥バフによる研磨で平滑面を整えた。

tefu 101 8G フレーム磨き前
tefu 101 8G フレーム磨き後
  • No.0002
  • category: Current
  • brand: tefu.
  • model: 101
  • color: 8G

噛まれて歯型が残ったフレーム。周囲の生地を丁寧に削り均したうえで磨きをかけた。

tefu. 51i フレーム磨き前
tefu. 51i フレーム磨き後
  • No.0001
  • category: Current
  • brand: tefu.
  • model: 501
  • color: 15

面の切り替わりのシャープさを維持するため、白く変質している部分に対してケガキにより地ならしを行った。

Access/店舗案内

県庁通り沿い、埼玉県庁に向かって左側ビルの一階。通りを挟んでローソンの対面でございます。

一宮通り沿い、氷川神社に向かって右手。一方通行の道路ですのでご注意くださいませ。