GERNOT LINDNER GL-KYOTO mod.KYOTOⅡ Medium-Bridge Adjustable
ポンメガネHPproduct → →

GERNOT LINDNER ゲルノットリンドナー メガネ GL-KYOTO mod.KYOTOⅡ col.SN-X Medium-Bridge Adjustable-temple

GERNOT LINDNER

ゲルノットリンドナー

GL-KYOTO mod.KYOTOⅡ Medium-Bridge Adjustable

col.SN-X (Silver without coating)
¥84000 +税

  • ※ ポンメガネは[GERNOT LINDNER]の正規取扱店です。
  • ※ 素材の生産・部品の製造特性により、フレームは色味や柄に個体差がございます。商品画像はそのうちの1つですので、実際の商品は必ずしも画像と同一の柄とは限りません。また、お客様がご使用中のモニターの色環境の違いにより実際の商品と色味に違いが発生する場合もございます。色の見え方につきましては、ぜひ店舗にてご確認くださいませ。
  • ※ フレームにサイズの記載がないものは見えがかりの値で表記を行なっています。通常のボックスシステムの値とは異なりますのでご注意くださいませ。
  • 取扱店舗:ポンメガネ浦和
  • フロント横幅: 121.5mm
  • フロント縦幅: 38mm
  • レンズの幅: 42mm
  • レンズ縦幅: 36mm
  • ブリッジ幅(レンズ間距離): 24mm (Medium)
  • テンプル長: 128mm-148mm (Adjustable)

フルリムタイプでスターリングシルバー製の一山式フレーム
KYOTOⅡは、KYOTOⅠよりもわずかに大きなレンズサイズ。オーセンティックなクラウンパントでタイトなレンズサイズという構成。
サイズこそアップデートされておりますが、かつてLunorでデザインした名品番「Lunor-II mod.18」かなり近いプロポーション。
ブリッジの深さによって浅いアジアタイプと深いヨーロッパタイプの2種類がございましたが、その中間のMedium(分類てしてはアジア仕様の深め)が追加されました。
カラーはSN-Xで、艶のあるシルバー。経年の変化が顕著にあわられるコーティングなしを選択しました。
テンプルは伸縮機能のついたAdjustable-temple。一般的に収納の際に折りたたむものと考えられていますが、実際には縮めた状態の剛性をもちいて顔をホールドするのが本来の使い方とゲルノットさんから伺いました。
しっとりとしていて重厚な一本です。経年を楽しむとても貴重なアイウェア。

GERNOT LINDNER GL-KYOTO mod.KYOTOⅡ Medium-Bridge Adjustable 2 GERNOT LINDNER GL-KYOTO mod.KYOTOⅡ Medium-Bridge Adjustable 3 GERNOT LINDNER GL-KYOTO mod.KYOTOⅡ Medium-Bridge Adjustable 4 GERNOT LINDNER GL-KYOTO mod.KYOTOⅡ Medium-Bridge Adjustable 5 GERNOT LINDNER GL-KYOTO mod.KYOTOⅡ Medium-Bridge Adjustable 6 GERNOT LINDNER GL-KYOTO mod.KYOTOⅡ Medium-Bridge Adjustable 7 GERNOT LINDNER GL-KYOTO mod.KYOTOⅡ Medium-Bridge Adjustable 8 GERNOT LINDNER GL-KYOTO mod.KYOTOⅡ Medium-Bridge Adjustable 9 GERNOT LINDNER GL-KYOTO mod.KYOTOⅡ Medium-Bridge Adjustable 10 GERNOT LINDNER GL-KYOTO mod.KYOTOⅡ Medium-Bridge Adjustable 11 GERNOT LINDNER GL-KYOTO mod.KYOTOⅡ Medium-Bridge Adjustable 12 GERNOT LINDNER GL-KYOTO mod.KYOTOⅡ Medium-Bridge Adjustable 13

GERNOT LINDNER ゲルノットリンドナー

ドイツのデザイナー Gernot Lindner(ゲルノット リンドナー)が自身の名を関して設立した、スターリングシルバーを用いたアイウェアのみリリースする極めて玄人向けのブランド。 アンティークのアイウェアの収集家としても知られる同氏は、クラシックなアイウェアのデザインの歴史において極めて重要な存在です。自身がデザイナーとしてLunorを創業し成功を収め、惜しまれつつ引退したことは知られていましたが、その後突如ブランドを発表します。 悠々自適な老後の生活ではなく、長いアイウェアの歴史で消えていったシルバー製のアイウェアの開発に膨大な時間とエネルギーを注いでいたことがわかりました。 2018年のブランド発表時には、そのデザインの質がルノアと異なるため評価が様々でした。2019年、ご自身からブランドの成り立ちとシルバーのフレームにかけた情熱、そしてルノアの先にあるデザインを提案したコレクションであることがわかりポンメガネとして導入に至りました。

営業再開のお知らせ

5月23日(土)からは両店共に下記営業となります。

10:00~12:00 予約営業
12:00~18:00 通常営業

入場制限を行う可能性がございますことをご容赦くださいませ。

皆様にはご不便をお掛けいたしますが、ご理解いただけますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

ブランド別製品カタログ

その他のブランド通販

ポンメガネ通販サイト