ポンメガネ浦和 公式blog

浦和にあるメガネのセレクトショップ ポンメガネ浦和のオフィシャルBlog。
入荷情報や展示会情報、日々の出来事など、営業日は毎日更新しています。YELLOWS PLUS・Lunor・ayame・OLIVER PEOPLES・MYKITA+Maison Margielaなどをお取り扱い

浦和Blog >> オーバル(楕円) 記事一覧

オーバル(楕円) 記事一覧

ANNE‐VALENTIN‐DRYDEN-9A05

ANNE VALENTINの二色

  • brand:ANNE&VALENTIN
  • model: DRYDEN

ANNE&VALENTIN
透明な灰色と赤を掛け合わせて置き姿も絵になるデザイン。
側面は磨きをかけず、不透明さと角を残して完了。
普通そうで普通でないところに惹かれます。

ANNE‐VALENTIN‐DRYDEN-9A05

松沢

ポンメガネ浦和

GERNOT LINDNER

  • brand: GERNOT LINDNER
  • material: Sterling Silver
  • without coating

925silverでコーティング無し、
無垢でオーダーしたGERNOT LINDNER/ゲルノットリンドナー
パット付きもパット無しも全てにおいてテンプルが伸縮できる仕様。
銀細工を愛でるような感覚です。

松沢

ポンメガネ浦和

GERNOT LINDNER

  • brand: GERNOT LINDNER
  • material: Sterling Silver
  • without coating

到着後、早い段階で姿を消す「GERNOT LINDNERのAdjustable」
毎度のごとくコーティング無しでオーダー。
全て無垢のシルバーです。
テンプルが伸縮できる仕組みは長さだけでなくホールド感も変化します。

松沢

ポンメガネ浦和

MYKITA+Maison Margiela-MMESSE001

  • brand: MYKITA Maison Margiela
  • model: MMESSE001
  • color: SILVER/BLACK

一昨日に引き続きブランド初期のモデル。
MYKITA Maison Margielaの初期モデル『MMESSE001』
オーバルシェイプのエックスブリッジ。
過去のデザインをシートメタル立体的に仕上げたプロダクト。

松沢

ポンメガネ浦和

GERNOT LINDNER

  • brand: GERNOT LINDNER
  • material: sterling silver
  • without coating

Lunor の創立者であるゲルノット・リンドナー氏が925シルバーの素材で手掛ける。
銀素材用の工場を一から構築、リンドナー専用の工場で作られる銀フレーム。

棒状の銀を銀用の金型へ叩いて作り上げる鍛金のようなアナログな手法で生まれる
かけがえのない眼鏡たち。

この度も全てメッキはかけずに銀素材のままでオーダーをかけました。
銀食器のような佇まいに惚れ惚れします。

GERNOT LINDNER

松沢

ポンメガネ浦和

LunorⅡ

  • brand: LUNOR/ルノア
  • series: LunorⅡ 一山

“LunorⅡ”
Lunorで評判を集めていたLunorⅡのシリーズのデッドストックが揃いました。
全てドイツ生産モノでモネルメタルの肌感がルノアの原点を感じさせるコレクション。
既にシングルの一山タイプは工場にも存在しないため、希少なモデルたちです。

松沢

ポンメガネ浦和

Armamika SIGNAL

arumamika 再入荷

  • Armamika metal
  • SIGNAL 樽型
  • made in Japan

アルマミカの樽型「SIGNAL」に新色が加わりました。
艶とマットを上品に掛け合わせた柔らかさを感じさせるアルマミカらしい配色。
色と質感で世界観をつくりあげるわびさびの効いた日本的なデザインです。

Armamika SIGNAL

松沢

ポンメガネ浦和

DSCF9075

The Spectacle 1928-1930s Gold-Filled-Frame

  • brand: The Spectacle
  • circa: 1928-1930s
  • issue: Gold-Filled-Frame

ビンテージのメタルフレームの中でも年代が古く希少である「Side mount(サイドマウント)」
眼鏡の初期はラウンドフレームしか存在せずフロントの真横に智元があることが当たり前の世の中でした。
よく耳にする1930年代から普及した「FUL-VUE(フルビュー)」はアメリカンオプティカルが作った水平の視界を妨げないためのモノ。
それ以前に定番であったSide mountは今や希少なアイテムです。

DSCF9075

松沢

ポンメガネ浦和

The Spectacle ロマンの塊1920s-1940s

The Spectacle 1920s-1940s Gold-Filled-Frame

  • brand: The Spectacle
  • circa: 1920s-1940s
  • issue: Gold-Filled-Frame

今回は現時点で活躍のできるプレーンなサイズのビンテージフレームを集めました。
12金張りメタルフレームに焦点を定めています。
パットは当時世界で初めて人工的に合成されたプラスチックのベークライト、
もしくは12金パットを使用しています。

ロマンの塊をぜひどうぞ。

松沢

ポンメガネ浦和

MYKITA-TAPIO

CLAYTON FRANKLIN 559 セル巻き

  • CLAYTON FRANKLIN CF-559
  • MADE IN JAPAN

同じセル巻きでもブランドごと作りは様々で、559のはフロントメタルの側面にぽっちをつけることで、
セルを収縮させて這わせる際のストッパーの役割をはたしています。
この気配りは鯖江生産でもごく僅かで長期使用しても外れにくい強固なセル巻きとなります。
生産時約10年ほど前のデザインながらポンメガネでは今でも定評のあるモデルです。

松沢

ポンメガネ浦和

GERNOT LINDNER

  • brand: GERNOT LINDNER
  • material: sterling silver
  • model: 600

Lunor の創立者であるゲルノット・リンドナーが925シルバーの素材で作ったフレーム。
フロントとのセルと925シルバーを掛け合わせて完成させたコンビネーションタイプ。
単純にセルの色に惹かれて仕入れました。
すりガラスの様なブラウンとグリーンのツートーンは淡くて懐かしいような色調。
シルバーはカラーの相性をみてパラジウムメッキを施しています。

GERNOT LINDNER

松沢

ポンメガネ浦和

CUTLER-AND-GROSS-VINTAGE

  • brand: CUTLER AND GROSS
  • model: VINTAGE
  • shape: 80~90S

CUTLER AND GROSSからビンテージを大量に見つけることができました。
復刻ではなく当時のデッドストック未使用品。
古くは1980年代後半頃にデザインされたモデルとして記録に残っていて古くとも93年以前に生産されています。
ビンテージですが必要最小限でデザインされた姿は現代的な顔つきです。
力まずさらりとご使用ください。

松沢

ポンメガネ浦和

GERNOT LINDNER 伸縮テンプル

  • brand: GERNOT LINDNER
  • material: sterling silver

テンプルが伸縮する優れた技巧はデザインにもなり、
シルバー素材の掛け心地も向上させてくれる。
GERNOT LINDNER 本人が伸縮するテンプルは延ばさずとも掛けて良しと提言されたので、
自分用は短くした状態で使用中。
厚みが増すためホールド感が増します。

本人と話すことで掛ける側の気持ちにも変化が生じます。
視力矯正道具を購入するのとは少し違い、
ゲルノットリンドナーがスターリングシルバーに掛ける情熱に投資している感覚。
思いは重要だと悟る昨今。

松沢

ポンメガネ浦和

GIORGIO ARMANI 1990s

  • brand:GIORGIO ARMANI 90s
  • Time of production: 1990s

90年代の輝いていたころのGIORGIO ARMANI 90s。
自分としては懐かしの一本で感動的な再会です。
90年代の代表的なオーバルシェイプにセルのフードを被せたサングラスは当時は画期的なデザインでした。
これに感動していただけるのは眼鏡好きな40代かなと笑

GIORGIO ARMANI 1990s

松沢

ポンメガネ浦和

ARUMAMIKA PETAL

Arumamika PETAL

  • brand: Arumamika
  • model: PETAL
  • MADE IN JAPAN

2019年新作として入荷した菱形の外径と六角形の内径。
定番色とはほど遠い2色は、どこか波長の相性が良くて手に取りたくなります。
外径と内径で2つの玉型を表現させ型にはまらないところが好みです。

松沢

ポンメガネ浦和

GERNOT LINDNERによる縁なしフレーム

  • brand: GERNOT LINDNER
  • material: sterling silver

Lunor の創立者であるゲルノット・リンドナーが925シルバーの素材で作ったフレーム。
パーツ毎が細身に作られているリムレス。
酸化した際に磨きの掛け辛い箇所が多々あるためパラジウムメッキを施しています。
Lunorのクラシックラウンドよりレンズサイズは大きく余裕があり、
どなたでも無理なく掛けられるサイズです。

松沢

ポンメガネ浦和

Lunor SWING メタル手

  • brand: LUNOR/ルノア
  • series: SWING メタル手
  • model: 下から上にmod.33/32/31

“Lunor SWNIG”
オールメタルのシルバーがドイツから届きました。
銀製品のような光沢と肉厚で密度あるSWINGパーツががひとつの道具としての魅力を上げています。
前からオーバル、パント、ラウンド。
メタル手はお久しぶりです。

松沢

ポンメガネ浦和

YELLOWS PLUS-OVAL

遠方から多くのお客さまにお越しいただきありがたい思いです。
引き続き入荷が続き、本日はYELLOWS PLUSのオーバルが入荷しました。
90年代に日本で人気を得たオーバルですが、このモデルは今ちょうどよいプレーンで綺麗なデザインです。

YELLOWS PLUS-OVAL

松沢

ポンメガネ浦和

Lunor-dead stock

  • brand: LUNOR/ルノア
  • title: 生産終了モデル

趣味嗜好を共有していただけること。
嬉しいかぎりです。
Lunorのとっておきが揃っています。
現在の生産が中止されているドイツ生産プロダクトたち。
なかなか手にすることのできないモデルばかりです。
是非ご覧になってみてください。

松沢

ポンメガネ浦和

ChristianDior-VINTAGE

  • brand: 1980s Christian Dior-VINTAGE

クリスチャンディオールのビンテージ。
1980年代にメゾン系のブランドでは主流であったオプチル素材のビンテージサングラスを数点見つけました。
当時よく見かけた雫型アーチ型のテンプル。
グリーンの綺麗なグラデーションはオプチル素材ならでは。

ポンメガネ浦和

跳ね上げ式クリップオンサングラス
OLIVER PEOPLES ARCHIVE
メガネの通販サイト ポンメガネweb
CUTLER AND GROSS 0822 OLIVER PEOPLES vintage
megane and me メガネ GEO YELLOWS PLUS SAMUEL2

ポンメガネ浦和

  • 住所: 埼玉県さいたま市浦和区
  • 高砂3-6-9信陽堂ビル1
  • ▷Googleマップで開く
  • 電話: 048-762-3919
  • 営業: 10:00〜20:00
  • 定休: 木曜日

  • 店舗でのお会計は、現金支払いの他に各種クレジットカードのご利用が可能です。視力測定のサービスも行なっております。

Translate by google